Logo

Environment 環境

環境調和製品

環境調和製品

環境調和製品と「eフレンドリー」認定制度

当社グループでは、環境調和製品とは、製品のライフサイクル全体を、総合評価して環境負荷の低減に寄与する、または良い環境影響を与える製品(サービスも含む)と定義しています。

該当する製品には環境調和製品であることを表す環境マーク「eフレンドリー」マークを外装やカタログ上に表示し、アピールしています。

環境調和製品の分類

当社グループの環境調和製品は、以下の4つの分類のいずれかに該当します。分類をクリックすると製品一覧をご覧いただけます。

分類 内容
地球温暖化防止 温暖化ガス排出の低減および吸収・固定に寄与する機能を有する製品。
ゼロエミッション リサイクル材料を使用した製品、部材のリサイクルが容易である設計製品、減容化しやすい素材や設計により廃棄物量が削減できる製品、部品および製品の共通化設計ができている製品。
環境影響物質フリー 製造工程中でオゾン層破壊物質の使用量増加がなく、製品に含有する有害物質が規定値以下、使用・廃棄時に規定以上の有害物質を発生しない製品。
省資源 原材料・部品の使用量が低減している、希少資源の使用量を低減している、製品寿命が向上している、部品・製品の保守メンテナンスが容易である、梱包材料の資源使用量が低減しているなどの理由で、総合的に省資源となっている製品。

環境調和製品の申請から登録まで

事業部門での申請・審査を経て、当社グループの横断的な組織である環境調和製品委員会で審査を実施し、合格した製品を環境調和製品として登録しています。

環境調和製品の適合基準は、原料・部品の購買、製造、使用、流通、廃棄のそれぞれの段階において、予め定められた判断基準に基づいて従来製品と比較したとき、環境面で総合的な改善が図られていることです。

環境調和製品の拡大

当社グループの全製品に占める環境調和製品の割合を拡大すべく、売上高比率ベースで目標を定め、進捗・成果を確認しています。

環境調和製品の売上高比率 注)

注) 2018年度は、環境調和製品に関する規定を改定(製造工程で温室効果ガス(GHG)削減を行った製品を追加など)し、集計に反映しました。

製品による環境負荷削減貢献の取り組み

当社グループは、ライフサイクルアセスメント(LCA)の活用により、主力製品のCO₂排出量の「見える化」の算定結果に基づいて、当社グループの製品お客様の製品の使用段階で排出するCO₂排出削減量の見える化に取り組んでいます。

当社グループの主力製品である光通信分野の半導体レーザの販売台数と自動車分野の銅箔、平角巻線、アルミハーネスについては、国内市場で搭載された新車の販売台数から削減量を試算しています。2020年度は、事業譲渡により、当該製品群から平角巻線(EV/HV用駆動モータ)を除外しました。鉄道、道路、再生エネルギー分野で採用されたリサイクル樹脂製トラフ・グリーントラフ®を加えた合計値として、約15.7万トン-CO₂/年と前年と比べ微減となりました。
今後は、世界市場の動向を注視し、情報・エネルギー・モビリティが融合した社会基盤を創る、各製品群の拡販および、貢献製品種の拡大に努め、製品を通じた地球環境問題への取り組みを拡大していきます。

CO₂排出量削減貢献量

株式会社ディ・エフ・エフ, 総務・CSR本部 サステナビリティ推進室, 戦略本部 人事部, ものづくり改革本部 安全環境推進室, ものづくり改革本部 資材部, ものづくり改革本部 品質管理推進室, 研究開発本部 企画部, 財務・グローバル マネジメント本部 IR・広報, 総務・CSR本部 CSR推進部, 総務・CSR本部 法務部
環境
環境方針

環境方針

古河電工グループ環境基本方針 環境基本理念 古河電工グループの私たち全員は、地球環境の保全が国際社会の最重要課題と認識...

環境
環境ビジョン
Response thumb %e7%92%b0%e5%a2%83%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%b32050%e3%83%ad%e3%82%b4%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af %e8%8b%b1%e8%aa%9e%e7%89%88

環境ビジョン

「古河電工グループ 環境ビジョン2050」では、「環境目標2030」による施策を継続するとともに、「古河電工グループ ビジョン2030」の...

環境
環境マネジメント

環境マネジメント

環境マネジメント体制 当社グループは環境基本理念にもとづき、環境活動に取り組んでいます。環境管理に関する最高諮問機関を「古河電工グル...

環境
環境調和製品

環境調和製品

環境調和製品と「eフレンドリー」認定制度 当社グループでは、環境調和製品とは、製品のライフサイクル全体を、総合評価して環境負...

環境
マテリアルフロー

マテリアルフロー

古河電工グループの2020年度環境負荷 当社および国内グループ会社31 社、海外グループ会社58 社、合計89 社のデータを集計して...

環境
環境保全活動目標と実績

環境保全活動目標と実績

環境目標2030 脱炭素社会への貢献:長期的に実質排出ゼロを目指す 事業活動における温室効果ガス排出量:2017年度比...

環境
ISO14001認証取得一覧

ISO14001認証取得一覧

環境マネジメントの国際規格認証 (ISO14001) 国内では、生産に係る当社の事業所等6拠点と、グループ会社25社で、環境マネジメ...

環境
気候変動

温室効果ガス排出量削減の取り組み

温室効果ガス排出量削減の取り組み 当社グループの温室効果ガスの排出は、主にエネルギー起源によるCO₂排出と六フッ化硫黄です。 ...

環境
気候変動

再生可能エネルギーの利用

再生可能エネルギーの利用 当社グループの古河日光発電(株)は4つの発電所を保有し水力発電による電力の供給を行っています。日光事業所の...

環境
水資源

水資源

水の有効利用 当社グループは、2013年度より水の有効利用を活動項目に上げ、拠点ごとの水使用量・排水量の把握に努めています。2015...

環境
廃棄物削減

廃棄物削減

廃棄物削減の取り組み 当社グループは、1993年度に廃棄物の非再資源化物を削減する活動を開始し、2001年度からはゼロエミッション活...

環境
化学物質管理

化学物質管理

グリーン活動 お客様対応 当社グループは、2009年からJAMP注1)に参加し、製品含有化学物質管理に関するJAMPの...

環境
環境リスク管理

環境リスク管理

土壌・地下水汚染に関する取り組み 当社グループは、土壌や地下水汚染などにより近隣へ影響を及ぼすことがないよう、汚染予防の観点から特定...

環境
石綿問題に対する対応

石綿問題に対する対応

現在、当社グループが製造・輸入している製品には、石綿を含有する製品はありませんが、過去に産業用途で製造・販売した製品には石綿を含有する製品がありま...

環境
生物多様性保全

生物多様性保全

生物多様性保全への取り組み 当社グループは、生物多様性保全への取り組みを環境基本方針に織り込み、古河電工グループの生物多様性保全の取...

環境
トピックス

TOPICS「再生可能エネルギーの電力で製造される伸銅品・超電導製品」

「再生可能エネルギーの電力で製造される伸銅品・超電導製品」 水力発電は二酸化炭素を排出しないクリーンなエネルギー源として注目を集...