Logo

Social 社会

労働安全衛生

安全衛生管理の基本的な考え方

労働安全衛生管理の基本的な考え方

当社グループは、基本的な「法令遵守」はもちろん、「安全人間化」および「本質安全化」を重点的に進めています。さらに、「安全管理」を加えた3つの活動を軸に安全活動を行い、ゼロ災害とゼロ疾病を目指すことを基本的な考え方としています。

安全衛生管理の基本方針

  • 労働安全衛生法の主旨に沿って、点検・管理し、災害撲滅を図る
  • 指差称呼とルール遵守で危険を回避できる安全人間を育成する
  • 不安全状態を排除するため、人と設備を分離した本質安全化を図る
  • SIDISサイクル注1)を通した対話・共感・標準化により安全管理の質を上げる
  • (健康保険組合との連携を強化し)グループ衛生管理活動を活性化させて心と身体の健康づくりを推進する

注1) SIDIS( サイディス )サイクル:①じっと見て まねる(SI)・②対話(D)・③改善(I)・④標準化(S)を意味し、安全活動特に作業者の作業姿勢や目線でまねて疑似的にみて危険源や危険な行動を把握し、作業者と話し合いその原因を解明し 本質的な対策までつなげる事を言う。

推進体制

当社グループでは、グループレベルの労働安全衛生管理を推進する最高機関として、社長を委員長とした「古河電工グループ安全衛生委員会」を設置しています。本委員会では、経営層が委員となって、グループ全体の安全衛生活動の方針や施策について、審議、決定およびフォローを行っています。

推進体制図

安全衛生活動発表会

当社グループの安全衛生活動についての活動発表会を開催し、優秀な活動を表彰しています。2020年度は、新型コロナウイルス感染拡大防止の為に、オンラインで発表会を開催しました。各事業部門から選ばれた計11組(うち、グループ会社3組)が発表し、社長表彰を受けました。

Web会議を使いオンラインで安全衛生活動発表会を開催

役員による現場点検

当社の安全担当役員が、災害発生時や前年度の成績に応じて、当社およびグループ会社の現場を訪問し、対策の適切性や定着度の確認、本質安全化に向けた意見交換などを行い、再発防止に努めています。しかしながら、新型コロナウイルス感染拡大防止の為に、グループ会社への訪問については、2020年度は2社への訪問となりました。また、訪問の代わりに現場の映像を中継することで、オンラインを活用した意見交換を行いました。

当社工場での役員現場点検

労働災害発生状況

当社の2020年度の安全成績は、休業災害0件という目標に対し、1件の発生となり、未達成という結果でした。休業災害度数率 注1)は、当社は0.11と減少、国内グループ全体 注2)は0.21と減少しました。

休業災害度数率

注1) 度数率=(死傷者数/ 延べ実労働時間)×100万

注2) 2020年度の集計範囲は、古河電工および国内グループ会社33社の従業員および派遣社員です。

注3) 全産業および製造業全体のデータは厚生労働省調査の結果より

また、2020年度の海外グループ会社も含めたグループ全体としての災害度数率は0.55でした。ここでの対象災害は休業災害および不休業災害です。

集計対象会社は、以下ページをご覧ください。

目標と実績(災害)

達成:達成 未達成事項あり:未達成事項あり 未達成:未達成

2021年度 2022年度
目標 取組実績 達成度 目標
休業災害0件 休業災害3件 未達成 休業災害0件
株式会社ディ・エフ・エフ, ビジネス基盤変革本部 サステナビリティ推進室, ものづくり改革本部 安全推進室, ものづくり改革本部 資材部, ものづくり改革本部 品質管理推進室, 総務・CSR本部 CSR推進部

健康管理

長時間勤務者の健康管理

当社では、厚生労働省労働基準局からの通達「過重労働による健康障害を防止するため事業者が講ずべき措置等」を指針として、健康診断結果に基づく就業制限を徹底するとともに、長時間勤務者に対して産業医による面談を実施し、長時間勤務者の健康管理に注力しています。

メンタルヘルス対策

当社では、2002年度よりメンタルヘルス対策を開始し、外部EAPによるカウンセリングシステムを導入、ラインケア・セルフケア研修を始め、様々なメンタルヘルス教育を全社展開し、2016年度には法改正に伴うストレスチェック制度を導入、医師による相談も実施しています。

<メンタルヘルス教育例>
  • リスナー研修
  • 認知行動療法によるストレスコントロール研修
  • ワークエンゲイジメントに着目したメンタルヘルス研修
  • 快適職場検討会

受動喫煙対策の強化

当社では、2003年度から本格的に喫煙対策に取り組み、受動喫煙防止・禁煙促進に関する活動を実施しており、全社目標として掲げた、「2017年度就業時間内禁煙」「2020年度敷地内全面禁煙」を、いずれも達成しました。また、その中で、従業員喫煙率(男性)は2002年度53.3%⇒2020年度22.5%と減少しており、生活習慣の改善にもつながっています。今後も喫煙者に対する禁煙支援を継続実施していきます。

禁煙ポスター(スワンスワン)

ヘルスリテラシー向上とプレゼンティズム改善のための活動

健康づくりは、まず従業員自らの健康意識の向上を図ることが重要であることから、2018年度より、全従業員に、健康増進のために、自らが実行したいこと、すべきことを、「健康一言宣言」として、意思表明してもらっています。また、2020年度より、プレゼンティズム改善の一環として、「肩こり腰痛予防アプリ」を導入すると共に、肩こり・腰痛予防ストレッチ動画を従業員に公開しています。

転倒災害防止対策の導入

転倒災害は年齢と共に増加し、当社でも高齢化が進むにつれ、転倒災害(歩行時の通勤災害含む)の増加が危ぶまれるため、2016年度より、転倒災害の防止教育、体操(筋トレ)を導入しています。また、身体機能測定を、2016年度には50代以上、2017年度からは40代以上に対象を拡大して実施しています。

健康経営銘柄および健康経営優良法人の認定

当社は、2017~2022年、6年連続して、日本健康会議の健康経営優良法人認定制度で、優良な健康経営を実践している「健康経営優良法人(大規模法人部門)」に認定される(2017~2020年はホワイト500)とともに、2019年には経済産業省と東京証券取引所が選定する「健康経営銘柄2019」にも選定されました。

また、2017年5月15日には、経営的な視点から、戦略的に従業員の健康管理・健康づくりに取り組む「健康経営」を推進していくため、「古河電工グループ健康経営宣言」を制定しました。「多様な人材を活かし創造的で活力ある企業グループを目指す」ため、安全と健康をすべてに優先させて、健康経営を意識した諸活動を全社で推進し、「皆がいきいきと働き、成長し続け、誇れる企業」を作っていきます。

感染症対策

当社グループでは、海外出張・勤務について、当社グループで定めている「海外勤務者健康管理の手引き」に沿って、健康診断(赴任前・定期・帰任後)や予防接種(A型肝炎、B型肝炎、破傷風、日本脳炎、狂犬病、麻疹・風疹、腸チフス、ポリオ等)の実施、海外勤務者健康管理手帳の発行を行っています。「海外勤務者健康管理の手引き」は、統括産業医・産業保健職が厚生労働省・外務省・WHO(World Health Organization)等の様々な情報を収集・分析し、策定しており、適宜内容の改訂を行っています。
新型コロナ感染症については、緊急対策本部を設置し、国内外の状況を見極めながら、感染防止と事業継続の観点から、対応方針、感染防止と勤務に関するガイドライン、感染症の対応手順について定め、周知徹底しています。
一方、コロナ禍の前から、世界では三大感染症と呼ばれる、HIV(エイズ)・結核・マラリアなどのグローバルな健康問題が深刻になっています。感染者や死亡者の増加による労働力の低下、経済活動の低迷、貧困の増大、孤児の発生が起きており、さらには感染者の人権問題といった社会問題にまで発展しています。当社グループでは、社員がこれらの正しい知識を身に付けるための各種研修等を企画・実施し、こうしたグローバルな健康問題に積極的に対応していくこととしています。

株式会社ディ・エフ・エフ, ビジネス基盤変革本部 サステナビリティ推進室, ものづくり改革本部 安全推進室, ものづくり改革本部 資材部, ものづくり改革本部 品質管理推進室, 総務・CSR本部 CSR推進部, 健康推進センター
社会
労働安全衛生

安全衛生管理の基本的な考え方

労働安全衛生管理の基本的な考え方 当社グループは、基本的な「法令遵守」はもちろん、「安全人間化」および「本質安全化」を重点的に進めて...

社会
労働安全衛生

健康管理

長時間勤務者の健康管理 当社では、厚生労働省労働基準局からの通達「過重労働による健康障害を防止するため事業者が講ずべき措置等」を指針...

社会
品質

基本的な考え方

基本的な考え方 当社は各事業部門でISO9001の認証を取得しています。ISO9001のしくみを導入することによって業務の標準化を図...

社会
品質

品質強化プロジェクト

品質強化プロジェクト ものづくり力を向上させること、技術的に価値のある知見を得ること、失敗コストの改善を行うこと、これら...

社会
人権

人権

人権に対する基本的な考え方 当社グループは、「古河電工グループ理念」に基づき、グローバルな事業展開を進めるにあたり、自らの事業活動に...

社会
社長メッセージ

メッセージ

多様な人材を活かし、創造的で活力あふれる企業グループを目指しています 当社グループでは、「多様な人材を活かし、創造的で活力あ...

社会
基本方針・目標・実績

基本方針・目標・実績

基本的な考え方 古河電工グループは、「多様な人材を活かし、創造的で活力あふれる企業グループを目指す」ことを経営理念に謳っており、多様...

社会
ダイバーシティー&インクルージョン推進の取り組み

ダイバーシティー&インクルージョン推進の取り組み

これまでの取り組み 2005年度より女性の就労環境整備とワークライフバランス推進に継続的に取り組んできましたが、多様な人材が活躍でき...

社会
女性活躍推進

女性活躍推進

2014年9月より女性活躍推進活動「Furukawa “V” Challenge!!」をスタートさせ、女性のキャリア形成促進のための各種施策に総合...

社会
多様な働き方を支える制度

多様な働き方を支える制度

妊娠、出産、育児、介護などの多様なライフイベントに応じた制度や、各種休暇制度、フレックスタイム制やテレワーク制度などを設け、従業員のワーク・ライフ...

社会
障がい者雇用推進の取り組み

障がい者雇用推進の取り組み

障がい者雇用を通じて、ダイバーシティー&インクルージョンを推進します 当社は1人でも多くの障がい者が、より良い環境で就労できる環境を...

社会
古河電工グループ健康経営宣言

古河電工グループ健康経営宣言

古河電工グループでは、2017年5月15日、経営的な視点から、戦略的に従業員の健康管理・健康づくりに取り組む「健康経営」を推進していくため、「古河...

社会
衛生管理指針
Response thumb %e7%94%a3%e6%a5%ad%e4%bf%9d%e5%81%a5%e6%b4%bb%e5%8b%95%ef%bc%95%e6%9c%ac%e6%9f%b1

衛生管理指針

古河電工グループでは、毎年度、健康管理を中心とし、作業環境管理・作業管理を含めた衛生管理に関する方針と課題を「衛生管理指針」として定め、グループ関...

社会
健康経営優良法人・健康経営銘柄
Response thumb yuryo2021 dai 4c tate

健康経営優良法人・健康経営銘柄

古河電工は、経済産業省と東京証券取引所が選定する「2019健康経営銘柄」に選定されました。また、「健康経営優良法人(大規模法人部門)」にも2017...

社会
健康経営の推進体制
Response thumb %e5%ae%89%e5%85%a8%e8%a1%9b%e7%94%9f%e6%8e%a8%e9%80%b2%e4%bd%93%e5%88%b6 %e5%a4%89%e6%9b%b4

健康経営の推進体制

安全衛生推進体制 古河電工グループでは、安全衛生管理の最高機関として、社長を委員長とした古河電工グループ安全衛生委員会を設置し、安全...

社会
古河電工健康白書
Response thumb %e5%81%a5%e5%ba%b7%e7%99%bd%e6%9b%b8%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%92%ef%bc%91 %e8%a1%a8%e7%b4%99

古河電工健康白書

古河電工では、30年以上前から従業員の健康状態に関する統計を取り、「衛生管理年報」としてまとめていましたが、2019年度より、産業医療職などの一部...

社会
健康づくり活動とコラボヘルスによる取り組み
Response thumb %e5%81%a5%e5%ba%b7%e3%81%a5%e3%81%8f%e3%82%8a%e6%b4%bb%e5%8b%95%e3%81%a8%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%9c%e3%83%98%e3%83%ab%e3%82%b9%e3%81%ab%e3%82%88%e3%82%8b%e5%8f%96%e3%82%8a%e7%b5%84%e3%81%bf

健康づくり活動とコラボヘルスによる取り組み

ヘルスリテラシー向上と健康づくり活動 古河電工では、従業員の健康づくりための様々な取り組みを行っています。 メンタルヘ...

社会
マネジメント方針

マネジメント方針

マネジメント方針 当社グループでは、「人材・組織実行力の強化」を「古河電工グループビジョン2030」実現のための経営上の重要課題(マ...

社会
人材育成・採用

人材育成・採用

人材育成 「古河電工グループPeople Vision」に則り、当社グループの発展に貢献する、豊かな人間性を備えチャレンジ精...

社会
福利厚生

福利厚生

福利厚生施設について 様々な福利厚生施設・制度の整備を通して従業員の健康維持増進や生活面のサポートに取り組み、従業員が安心して業務に...

社会
労使協議

労使協議

労使での意見交換 当社では、互いに誠意を持って話し合いを尽くすことを、労使対話の基本姿勢としています。これに従って、対話を重視しなが...

社会
目標と実績

目標と実績

目標と実績 :達成 :未達成事項あり :未達成 ...

社会
働き方改革

働き方改革

当社では、2015年5月に専任組織を設置し、会社の持続的成長と会社で働く個々人の生活(人生)の充実の両立を目指した「働き方改革」をスタートしました...

社会
トピックス:ダイバーシティーフォーラムの開催

トピックス:ダイバーシティーフォーラムの開催

当社では、ダイバーシティー&インクルージョンの理解促進を目的とした有識者による講演会や、女性活躍推進を目的とした全社フォーラムなどを定期的に実施し...