Logo

Environment 環境

水資源の有効利用

水資源

基本的な考え方

当社グループは、資源循環型社会へ貢献するため、水資源の有効利用に取り組んでいます。グループ全体では、水使用量削減及び水リサイクル・再利用に取り組んでいます。また、拠点毎では、水使用量・排水量の管理・把握に努めています。今後もさらなる水使用量の削減に取り組んでいきます。

目標と実績

2020年度の目標および実績は「環境保全活動目標と実績」をご覧ください。
2020年度は、水資源の総使用量は減少しましたが、原単位は悪化し、水使用量原単位は1.45千m3/億円となり、2017年度比で8.1%の増加となりました。今後も生産工程などで必要な水資源を利用していきますが、引き続き、節水や循環利用に努めるとともに、水質および排水量を管理していきます。
2022年2月には「環境目標2030」を改定し、水使用量削減に関する新目標を設定しました。

水資源利用

取組み

水管理計画の策定状況

当社グループは、グループ全体および事業会社単位において、水管理計画を策定し、水使用量の削減に取り組んでいます。2021年7月末現在、当社グループの国内外の会社89社のうち、47%にあたる42社が水の管理計画を策定し、水使用量の削減に取り組んでいます。

水使用量削減の取組み(古河AS本社内)

事業場内にある冷却塔では、循環水に含まれる成分が析出するため定期的に薬剤洗浄を行っており、この洗浄工程では大量の水が必要でした。そこで、水使用量削減を目的に、浄化装置を導入した結果、固形物の析出を防ぎ、薬剤洗浄を必要としないプロセスへ改善しました。これにより、廃棄物の削減や水使用量の削減(ランニングコスト50%削減)、さらに冷却効率向上による省エネにつながりました。

水リスク地域および水ストレス地域の特定

当社グループは、世界資源研究所(WRI)のAQUEDUCTや自治体のハザードマップなどを利用して、当社グループの主要な拠点について水リスク地域および水ストレス地域(⽔需給に対する逼迫)の洗い出しを行いました。その結果、水リスク地域として2つの拠点(平塚事業所、インドネシア(TMS))を抽出しました。毎年、水資源を含めたリスクアセスメントを実施するとともに、BCM計画表に織り込んで改善しています。また、水ストレス地域については、該当はありませんでした。今後も継続的に調査し、もし水ストレス地域が特定された場合には、地域の自治体等ステークホルダーの皆様とコミュニケーションをとりながら、対策に取り組んでいきます。なお、2020年度の水関連リスクに関するコスト(設備投資費等)は730百万円でした。

データ

株式会社ディ・エフ・エフ, ビジネス基盤変革本部 サステナビリティ推進室, ものづくり改革本部 安全推進室, ものづくり改革本部 資材部, ものづくり改革本部 品質管理推進室, 総務・CSR本部 CSR推進部, 環境部
環境
環境方針

環境方針

古河電工グループ環境基本方針 環境基本理念 古河電工グループの私たち全員は、地球環境の保全が国際社会の最重要課題と認識...

環境
環境ビジョン
Response thumb %e7%92%b0%e5%a2%83%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%b32050%e3%83%ad%e3%82%b4%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af %e8%8b%b1%e8%aa%9e%e7%89%88

環境ビジョン

「古河電工グループ 環境ビジョン2050」では、「環境目標2030」による施策を継続するとともに、「古河電工グループ ビジョン2030」の...

環境
環境マネジメント体制、環境教育、環境表彰、環境会計

環境マネジメント

環境マネジメント体制 当社グループは環境基本理念にもとづき、環境活動に取り組んでいます。環境管理に関する最高諮問機関を「古河電工グル...

環境
環境調和製品

環境調和製品

環境調和製品と「eフレンドリー」認定制度 当社グループでは、環境調和製品とは、製品のライフサイクル全体を、総合評価して環境負...

環境
マテリアルフロー

マテリアルフロー

古河電工グループの2020年度環境負荷 当社および国内グループ会社31 社、海外グループ会社58 社、合計89 社のデータを集計して...

環境
環境保全活動目標と実績

環境保全活動目標と実績

環境目標2030 当社グループは環境目標2030を設定し、脱炭素社会への貢献等に取り組んでいます。環境ビジョン2050の超長期目標達...

環境
ISO14001認証取得一覧

ISO14001認証取得一覧

環境マネジメントの国際規格認証 (ISO14001) 国内では、生産に係る当社の事業所等6拠点と、グループ会社25社で、環境マネジメ...

環境
気候変動

温室効果ガス排出量削減の取り組み

基本的な考え方 当社グループでは、2050年を見据えた「古河電工グループ 環境ビジョン2050」を策定し、脱炭素社会への貢献としてバ...

環境
水資源の有効利用

水資源

基本的な考え方 当社グループは、資源循環型社会へ貢献するため、水資源の有効利用に取り組んでいます。グループ全体では、水使用量...

環境
廃棄物削減、資源利用の最小化、リサイクル推進

廃棄物削減

基本的な考え方 当社グループは、省資源・再資源化の推進を「環境基本方針」に織り込み、廃棄物の削減や資源利用量の最小化、リサイクルに取...

環境
化学物質管理

化学物質管理

基本的な考え方 当社グループは、環境負荷物質の削減を「環境基本方針」に織り込み、製造工程における有害化学物質の排出量削減や化学物質の...

環境
環境リスク管理

環境リスク管理

土壌・地下水汚染に関する取り組み 当社グループは、土壌や地下水汚染などにより近隣へ影響を及ぼすことがないよう、汚染予防の観点から特定...

環境
石綿問題に対する対応

石綿問題に対する対応

現在、当社グループが製造・輸入している製品には、石綿を含有する製品はありませんが、過去に産業用途で製造・販売した製品には石綿を含有する製品がありま...

環境
生物多様性保全

生物多様性保全

基本的な考え方 当社グループは、生物多様性保全への取組みを「環境基本方針」に織り込んでいます。また、古河電工グループの生物多様性保全...

環境
トピックス

TOPICS「再生可能エネルギーの電力で製造される伸銅品・超電導製品」

「再生可能エネルギーの電力で製造される伸銅品・超電導製品」 水力発電は二酸化炭素を排出しないクリーンなエネルギー源として注目を集...

環境
第三者検証報告書

第三者検証報告書

2020年度における下記環境データの第三者認証を取得しました。(2021年7月) 温室効果ガス排出量(Scope1,2,3) ...