Logo

Environment 環境

廃棄物削減、資源利用の最小化、リサイクル推進

廃棄物削減

基本的な考え方

当社グループは、省資源・再資源化の推進を「環境基本方針」に織り込み、廃棄物の削減や資源利用量の最小化、リサイクルに取り組んでいます。廃棄物の削減については、1993年度に廃棄物の非再資源化物を削減する活動を開始し、2001年度からはゼロエミッション活動を、2014年度からは有価物を含めた、廃棄物等総発生量を削減する活動を推進しています。今後も資源循環型社会に貢献するため、さらなる資源の有効利用に取り組んでいきます。

目標と実績

2020年度の目標および実績は「環境保全活動目標と実績」をご覧ください。2020年度の国内グループの廃棄物発生量売上高原単位は、2017年度比で1.2%の増加となりました。廃液処理施設を導入して廃液を減らすなど、生産工程における廃棄物発生の抑制に取り組んでいます。2022年2月には「環境目標2030」を改定し、2030年までの新材料注1)およびワンウェイプラスチック注2)の使用量削減に関する新目標も設定しました。

廃棄物等総発生量

注1) 電気銅やアルミ新地金、プラスチック等のバージン材のこと。

注2) 容器やレジ袋等で使用される使い捨てプラスチックのこと。

取組み

電線・光ケーブルのリサイクル(古河電工エコテック)

当社グループ会社の1つである古河エコテック(FETEC)では、廃電線や廃光ケーブルを金属類とプラスチックなどに分別し、リサイクルする事業を行っています。FETECでは廃電線の回収システムが確立されており、導電材料である銅などのメタル類はほぼ100%リサイクルされています。また、被覆材料も再生プラスチックから再び電線被覆へとリサイクルされています。さらに素材の分別精度を高める技術開発、リサイクル品への有効利用を拡げる応用技術を追求し、電線・ケーブルの廃棄物を限りなく“ゼロ”に近づけるチャレンジを続けています。

リサイクル技術の研究開発(古河電工)

当社は、1990年頃から、ケーブル廃材やプラスチック製容器包装材などのリサイクル材を積極的に活用しています。2019年には、リサイクルが困難な使い捨てプラスチック製品と古紙を、ワンプロセスで強化プラスチックに再生する技術を開発しました。紙の主成分であるセルロースとプラスチックは本来混ざり合いませんが、紙をセルロース繊維に解きほぐしながらプラスチックに分散させることで、元のプラスチックの約2倍の強度のプラスチックに再生することができます。本技術を普及させていくため、国内外の行政機関やプラスチック業界・リサイクル業界との連携を進めています。例えば、当社は、国連の世界知的所有権機関(WIPO)が運営する、環境保存に関する技術交流のためのプラットフォーム「WIPO GREEN」に参画しており、本技術を登録しています。知的財産を活用した技術交流を促進することで、環境関連技術の普及に貢献していきます。

プラスチックごみの削減やリサイクル(グループ全体)

当社グループは、生物多様性保全や省資源、気候変動対策を目的としてプラスチックゴミのリサイクルに取り組んでいます。また、ワンウェイプラスチック使用量の把握に努め、削減に取り組んでいきます。

外部との協働

当社グループは省資源の取り組みのため、以下イニシアチブへ参画しています。

  • 海洋プラスチックごみ問題の解決のためのプラットフォーム(CLOMA)
  • 環境保全に関する技術交流のプラットフォーム「WIPO GREEN」

データ

株式会社ディ・エフ・エフ, ビジネス基盤変革本部 サステナビリティ推進室, ものづくり改革本部 安全推進室, ものづくり改革本部 資材部, ものづくり改革本部 品質管理推進室, 総務・CSR本部 CSR推進部, 環境部
環境
環境方針

環境方針

古河電工グループ環境基本方針 環境基本理念 古河電工グループの私たち全員は、地球環境の保全が国際社会の最重要課題と認識...

環境
環境ビジョン
Response thumb %e7%92%b0%e5%a2%83%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%b32050%e3%83%ad%e3%82%b4%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af %e8%8b%b1%e8%aa%9e%e7%89%88

環境ビジョン

「古河電工グループ 環境ビジョン2050」では、「環境目標2030」による施策を継続するとともに、「古河電工グループ ビジョン2030」の...

環境
環境マネジメント体制、環境教育、環境表彰、環境会計

環境マネジメント

環境マネジメント体制 当社グループは環境基本理念にもとづき、環境活動に取り組んでいます。環境管理に関する最高諮問機関を「古河電工グル...

環境
環境調和製品

環境調和製品

環境調和製品と「eフレンドリー」認定制度 当社グループでは、環境調和製品とは、製品のライフサイクル全体を、総合評価して環境負...

環境
マテリアルフロー

マテリアルフロー

古河電工グループの2020年度環境負荷 当社および国内グループ会社31 社、海外グループ会社58 社、合計89 社のデータを集計して...

環境
環境保全活動目標と実績

環境保全活動目標と実績

環境目標2030 当社グループは環境目標2030を設定し、脱炭素社会への貢献等に取り組んでいます。環境ビジョン2050の超長期目標達...

環境
ISO14001認証取得一覧

ISO14001認証取得一覧

環境マネジメントの国際規格認証 (ISO14001) 国内では、生産に係る当社の事業所等6拠点と、グループ会社25社で、環境マネジメ...

環境
気候変動

温室効果ガス排出量削減の取り組み

基本的な考え方 当社グループでは、2050年を見据えた「古河電工グループ 環境ビジョン2050」を策定し、脱炭素社会への貢献としてバ...

環境
水資源の有効利用

水資源

基本的な考え方 当社グループは、資源循環型社会へ貢献するため、水資源の有効利用に取り組んでいます。グループ全体では、水使用量...

環境
廃棄物削減、資源利用の最小化、リサイクル推進

廃棄物削減

基本的な考え方 当社グループは、省資源・再資源化の推進を「環境基本方針」に織り込み、廃棄物の削減や資源利用量の最小化、リサイクルに取...

環境
化学物質管理

化学物質管理

基本的な考え方 当社グループは、環境負荷物質の削減を「環境基本方針」に織り込み、製造工程における有害化学物質の排出量削減や化学物質の...

環境
環境リスク管理

環境リスク管理

土壌・地下水汚染に関する取り組み 当社グループは、土壌や地下水汚染などにより近隣へ影響を及ぼすことがないよう、汚染予防の観点から特定...

環境
石綿問題に対する対応

石綿問題に対する対応

現在、当社グループが製造・輸入している製品には、石綿を含有する製品はありませんが、過去に産業用途で製造・販売した製品には石綿を含有する製品がありま...

環境
生物多様性保全

生物多様性保全

基本的な考え方 当社グループは、生物多様性保全への取組みを「環境基本方針」に織り込んでいます。また、古河電工グループの生物多様性保全...

環境
トピックス

TOPICS「再生可能エネルギーの電力で製造される伸銅品・超電導製品」

「再生可能エネルギーの電力で製造される伸銅品・超電導製品」 水力発電は二酸化炭素を排出しないクリーンなエネルギー源として注目を集...

環境
第三者検証報告書

第三者検証報告書

2020年度における下記環境データの第三者認証を取得しました。(2021年7月) 温室効果ガス排出量(Scope1,2,3) ...