Logo

Environment 環境

化学物質管理

化学物質管理

基本的な考え方

当社グループは、環境負荷物質の削減を「環境基本方針」に織り込み、製造工程における有害化学物質の排出量削減や化学物質の適正管理に取り組んでいます。また、環境を配慮した調達や関連する法規制に対応した製品含有化学物資の管理にも取り組んでいます。今後もさらなる環境負荷低減に向け、活動していきます。

目標と実績

2020年度の国内グループ活動目標として、揮発性有機化合物(VOC)の排出量削減に取り組みました。2020年度の国内グループの排出量は、前年度比で11.4%の減少となりました。引き続き生産工程などにおける排出抑制とともに、対象物質の使用量の削減に取り組んでまいります。

取組み

製造工程における化学物質の適正管理

当社グループ製造工程で使用する化学物質については、GHS対応ラベルの表示やSDS(安全データシート)を活用して取扱注意事項や適用法令を確認し、運用管理しています。また、PRTR法注1)に則り、該当物質の取扱量、移動量、排出量の把握に努めています。

製品含有化学物質の管理

お客様対応

当社グループは、2009年からJAMP注2)に参加し、製品含有化学物質管理に関するJAMPのchemSHERPA注3)管理対象物質リストの最新情報の元に、一斉に環境点検を実施しています。また、製品含有化学物質に関する法規制の動向などを把握し、随時データを更新・蓄積することによって、迅速なお客様対応を実現しています。

海外規制対応と製品含有化学物質管理

当社グループは、主要な拠点およびグループ会社について製品含有化学物質管理体制を構築し、環境製品規制の強化および低減すべき環境リスクを把握して、その重要性に応じて対策を実施しています。

環境製品規制のEU_REACH規則の対応について、2020年度は、製品環境法規制のEU_REACH規則の第24次SVHCまでの認可対象候補211物質について、製品環境点検を実施しました。また、お客様要求に応えるため、chemSHERPAへの対応も行っています。

グリーン調達活動

当社グループの製品に使用する原材料・部品・中間製品等の購買品については、事業部門のグリーン調達ガイドライン注4)にもとづき、お取引先様の製品含有化学物質管理体制の構築および運営状況の評価を確認するとともに、製品環境法規制の更新情報をもとに、製品含有化学物質の調査データを確認し、適正なものを購入しています。

注1) PRTR法:特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律

注2) JAMP (Joint Article Management Promotion-consortium):アーティクルマネジメント協議会

注3) chemSHERPAは「chemical information SHaring and Exchange under Reporting PArtnership in supply chain」 の頭文字。製品含有化学物質の情報を川上企業から川下企業までサプライチェーン全体に伝達する情報伝達共通スキームで、現在はJAMPが運用しています。

注4) 当社グループは「グリーン調達ガイドライン」を制定しています。このガイドラインでは生物多様性保全・森林保全・省資源等につながる、環境を配慮した製品を優先的にかつ継続的に調達することを示しています。

データ

株式会社ディ・エフ・エフ, ビジネス基盤変革本部 サステナビリティ推進室, ものづくり改革本部 安全推進室, ものづくり改革本部 資材部, ものづくり改革本部 品質管理推進室, 総務・CSR本部 CSR推進部, 古河テクノリサーチ株式会社, 環境部
環境
環境方針

環境方針

古河電工グループ環境基本方針 環境基本理念 古河電工グループの私たち全員は、地球環境の保全が国際社会の最重要課題と認識...

環境
環境ビジョン
Response thumb %e7%92%b0%e5%a2%83%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%b32050%e3%83%ad%e3%82%b4%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af %e8%8b%b1%e8%aa%9e%e7%89%88

環境ビジョン

「古河電工グループ 環境ビジョン2050」では、「環境目標2030」による施策を継続するとともに、「古河電工グループ ビジョン2030」の...

環境
環境マネジメント体制、環境教育、環境表彰、環境会計

環境マネジメント

環境マネジメント体制 当社グループは環境基本理念にもとづき、環境活動に取り組んでいます。環境管理に関する最高諮問機関を「古河電工グル...

環境
環境調和製品

環境調和製品

環境調和製品と「eフレンドリー」認定制度 当社グループでは、環境調和製品とは、製品のライフサイクル全体を、総合評価して環境負...

環境
マテリアルフロー

マテリアルフロー

古河電工グループの2020年度環境負荷 当社および国内グループ会社31 社、海外グループ会社58 社、合計89 社のデータを集計して...

環境
環境保全活動目標と実績

環境保全活動目標と実績

環境目標2030 当社グループは環境目標2030を設定し、脱炭素社会への貢献等に取り組んでいます。環境ビジョン2050の超長期目標達...

環境
ISO14001認証取得一覧

ISO14001認証取得一覧

環境マネジメントの国際規格認証 (ISO14001) 国内では、生産に係る当社の事業所等6拠点と、グループ会社25社で、環境マネジメ...

環境
気候変動

温室効果ガス排出量削減の取り組み

基本的な考え方 当社グループでは、2050年を見据えた「古河電工グループ 環境ビジョン2050」を策定し、脱炭素社会への貢献としてバ...

環境
水資源の有効利用

水資源

基本的な考え方 当社グループは、資源循環型社会へ貢献するため、水資源の有効利用に取り組んでいます。グループ全体では、水使用量...

環境
廃棄物削減、資源利用の最小化、リサイクル推進

廃棄物削減

基本的な考え方 当社グループは、省資源・再資源化の推進を「環境基本方針」に織り込み、廃棄物の削減や資源利用量の最小化、リサイクルに取...

環境
化学物質管理

化学物質管理

基本的な考え方 当社グループは、環境負荷物質の削減を「環境基本方針」に織り込み、製造工程における有害化学物質の排出量削減や化学物質の...

環境
環境リスク管理

環境リスク管理

土壌・地下水汚染に関する取り組み 当社グループは、土壌や地下水汚染などにより近隣へ影響を及ぼすことがないよう、汚染予防の観点から特定...

環境
石綿問題に対する対応

石綿問題に対する対応

現在、当社グループが製造・輸入している製品には、石綿を含有する製品はありませんが、過去に産業用途で製造・販売した製品には石綿を含有する製品がありま...

環境
生物多様性保全

生物多様性保全

基本的な考え方 当社グループは、生物多様性保全への取組みを「環境基本方針」に織り込んでいます。また、古河電工グループの生物多様性保全...

環境
トピックス

TOPICS「再生可能エネルギーの電力で製造される伸銅品・超電導製品」

「再生可能エネルギーの電力で製造される伸銅品・超電導製品」 水力発電は二酸化炭素を排出しないクリーンなエネルギー源として注目を集...

環境
第三者検証報告書

第三者検証報告書

2020年度における下記環境データの第三者認証を取得しました。(2021年7月) 温室効果ガス排出量(Scope1,2,3) ...