Logo

人と地球の未来を見据えながら公正と誠実を基本に、
常に社会の期待と信頼に応え続けます。

サステナビリティに関するお問い合わせ

新着情報

1985/08/14
テスト
環境
環境保全活動目標と実績

環境保全活動目標と実績

環境目標2030 脱炭素社会への貢献:長期的に実質排出ゼロを目指す 事業活動における温室効果ガス排出量:2017年度比...

社会
2020年度衛生管理指針

2020年度衛生管理指針

古河電工グループでは、毎年度、健康管理を中心とし、作業環境管理・作業管理を含めた衛生管理に関する方針と課題を「衛生管理指針」として定め、グループ関...

ライブラリ
ESGデータ集

その他環境データ

水資源利用 (単位:千m³)   2015年度 2016年度 2017年度 ...

社会
女性活躍推進

女性活躍推進

2014年9月より女性活躍推進活動「Furukawa “V” Challenge!!」をスタートさせ、女性のキャリア形成促進のための各種施策に総合...

ライブラリ
環境報告書2004

環境報告書2004

環境報告書2004 環境報告書の全ページが、PDFファイルでご覧いただけます。 全文(PDF 1,380KB...

ライブラリ
CSR報告書2010

CSR報告書2010

CSR報告書2010 CSR報告書の全ページが、PDFファイルでご覧いただけます。 全文(PDF 5,691KB)...

環境
気候変動

再生可能エネルギーの利用

再生可能エネルギーの利用 当社グループの古河日光発電(株)は4つの発電所を保有し水力発電による電力の供給を行っています。日光事業所の...

ライブラリ
環境・社会報告書2006

環境・社会報告書2006

環境・社会報告書2006 環境報告書の全ページが、PDFファイルでご覧いただけます。 全文(PDF 4,623KB...

社会
人権

人権

ガバナンス
リスクマネジメント

知的財産リスク

知的財産リスク 当社は、他社動向を把握したパテントポートフォリオマネジメントに基づき戦略的に知的財産権を創出するとともに、知的財産リ...

社会
健康経営の推進体制

健康経営の推進体制

安全衛生推進体制 古河電工グループでは、安全衛生管理の最高機関として、社長を委員長とした古河電工グループ安全衛生委員会を設置し、安全...

ガバナンス
リスクマネジメント

情報セキュリティ

情報セキュリティ 当社グループが対応すべき重要度の高いリスクとして、情報セキュリティは情報システム、知的財産保護および情報管理な...

ライブラリ
CSR報告書2009

CSR報告書2009

CSR報告書2009 CSR報告書の全ページが、PDFファイルでご覧いただけます。 全文(PDF 6,842KB)...

環境
環境方針

環境方針

古河電工グループ環境基本方針 環境基本理念 古河電工グループの私たち全員は、地球環境の保全が国際社会の最重要課題と認識...

ライブラリ
ESGデータ集

ガバナンスデータ

ガバナンス   2020年9月改定 取締役の人数 (単位:人)   2015年度 ...

社会
メッセージ

メッセージ

多様な人材を活かし、創造的で活力あふれる企業グループを目指しています 当社グループでは、「多様な人材を活かし、創造的で活力あ...

社会
多様な働き方を支える制度

多様な働き方を支える制度

妊娠、出産、育児、介護などの多様なライフイベントに応じた制度や、各種休暇制度、フレックスタイム制やテレワーク制度などを設け、従業員のワーク・ライフ...

ガバナンス
CSRマネジメント

基本方針とCSR行動規範

基本方針とCSR行動規範 当社グループ各社は、グループCSR基本方針に沿ってCSR活動を展開しています。 前掲のグループ理念および...

ライブラリ
環境報告書2003

環境報告書2003

環境報告書2003 環境報告書の全ページが、PDFファイルでご覧いただけます。 全文(PDF 2,387KB) ...

環境
水資源

水資源

水の有効利用 当社グループは、2013年度より水の有効利用を活動項目に上げ、拠点ごとの水使用量・排水量の把握に努めています。2015...

ライブラリ
ESGデータ集

ESGデータ集

環境データ 社会データ ガバナンスデータ その他

環境
環境マネジメント

環境マネジメント

環境マネジメント体制 当社グループは環境基本理念にもとづき、環境活動に取り組んでいます。環境管理に関する最高諮問機関を「古河電工グル...

ライブラリ
サステナビリティレポート2015

サステナビリティレポート2015

サステナビリティレポート2015 従来のCSR報告書とアニュアルレポートを統合し、2012年度より「サステナビリティレポート...